脱税、所得隠し、申告漏れの違いとは

申告漏れのペナルティー

脱税、所得隠し、申告漏れは悪質度の相違はあるものの、「納めるべき税金を納めていなかった」という点で共通しています。
ただし、悪質度によってペナルティの大きさは異なるので順を追って説明します。
ちなみに、申告漏れ、所得隠し、脱税の順に悪質度は増します。

申告漏れとは

税金の計算ミスなどによって納税額が過少になることや、うっかり納税する事を忘れてしまう事を指します。
ここでは、意図せず無意識に「納税額をミスする(=申告漏れ)」又は「納税そのものを忘れる(=申告忘れ)」という事がポイントになります。

申告漏れのペナルティ

申告漏れをした場合は「過少申告加算税」というペナルティが課されます。
過少申告加算税は、期限内に申告したものの、その納税額が本来納めるべき金額より少なかった場合に課される税金で、税率は以下の通りです。

過少申告加算税の税率

申告修正のタイミング 税率
税務調査通知前 0%
税務調査通知後~税務調査前 5%(10%)※1
税務調査後 10%(15%)※2

※1…申告額が50万円を超過する場合は、超過分につき10%課税
※2…新たに納める税金が、「当初の申告納税額」と「50万円」とのいずれか多い金額を超えている場合、その超えている部分については15%が課税される。

例)当初申告納税額100万円 追加申告額120万円の場合
当初申告額100万円>50万円 ∴100万円
追加納税額の計算方法
120万円+(120万円-100万円)×15%+100万円×10%=133万円(内訳[本税120万円/過少申告加算税13万円])

申告忘れのペナルティ

そもそもの申告を忘れていた場合には「無申告加算税」という税金が課されます。無申告加算税に関する税率は以下のとおりです。

無申告加算税の税率

申告のタイミング 税率
申告期限から1ヶ月以内に自主的に納税する場合 0%※1
申告期限から1ヶ月を超えた申告で、税務署に指摘される前に自主的に納税する場合 5%
それ以外 10%(15%)※2

※1…期限後申告をした日の前日から5年前までの期間に、一度も無申告加算税や重加算税を課せられた経歴がなく、期限内に申告する意思があったと認められた場合等の要件あり。
※2…申告額が50万円を超過する場合は、超過分につき10%課税

なお、「過少申告加算税/無申告加算税」と似たような税金で「不納付加算税」という税金がありますが、不納付加算税は源泉所得税に関する税金であり、正当な理由なく納付しなかった場合に発生する税金をさします。
この不納付加算税は納付期限を1日でも遅れると発生するので注意が必要です(正当な理由や、少額な場合等は発生しない場合もあり)。

不納付加算税の税率

内容

税率

自主的に納付する場合 納付すべき源泉所得税の5%
税務署からの指摘により納付する場合 納付すべき源泉所得税の10%

所得隠しとは

 

所得隠しは、売上の隠蔽や架空経費の計上をし、故意に所得を減らす行為をいいます。

申告漏れのように「売上の計上をうっかり忘れる」のではなく「売上を意図して計上しない」という点で両者は異なります。

所得隠しのペナルティ

所得隠しに関するペナルティとしては、申告漏れの際に紹介した過少申告加算税、無申告加算税、不納付加算税のいずれかの加算税に代わって、「重加算税」が課されます。

重加算税は通常の加算税より、重い加算税を意味しており、本税の35-40%が課されます。

重加算税の税率

内容

税率

過少申告加算税に該当する場合 本税の35%
不納付加算税に該当する場合 本税の35%
無申告加算税に該当する場合 本税の40%

脱税とは

脱税とは、売上の隠蔽や架空経費の計上をし、故意に所得を減らす行為をいい、実は内容としては所得隠しと同義です。
では何が所得隠しと異なるのでしょう。

脱税と所得隠しの違いについて

実はこれ、明確に定義付けされているものではないので、何が脱税にあたり何が所得隠しにあたるのかという基準はないのですが、非常に悪質で、社会的にインパクトが大きいものが脱税となります。

また、所得隠しについては通常は事前通知のある税務調査で発覚しますが、脱税については、国税局査察部(通称マルサ)が入念に綿密に情報を集め、事前通知をせずに強制調査により税金逃れを発覚するという点でも両者は異なります。

なお、追徴課税については、「重加算税」が課される点では所得隠しと同様ですが、脱税の場合はこれに加えて刑事罰が科される可能性があるため、罪が非常に重くなります。

おわりに

いかがでしょうか。
ざっくりですが、申告漏れ、所得隠し、脱税の3つの違いを解説させていただきました。
これらは各種加算税に加えて延滞税も課されるので、追加の納税となると非常に負担が重いです。
日ごろから納税意識を高め、適切な納税を行い、痛い目に合わないようにしましょう。